記事一覧
日記(0)
MLB(39)
お知らせ(0)
今後はこちらのブログに変更になります

2013年05月19日

大リーグで主流の投球フォーム、日本人投手との違い

 大リーグで100マイル(時速161キロ)近くの球を投げるピッチャーはどういう投球フォームをしているのでしょうか。何か共通のフォーム、投球動作というのはあるのでしょうか。

まず、従来のオーソドックスな投球フォームから見てみましょう。
 @ノーラン・ライアンNolan Ryan
 ノーヒット・ノーランを7度達成し、大リーグの三振記録5,714を持っているノーラン・ライアン(現レンジャーズ社長)の投球フォームです。松坂大輔投手が手本にした投手です。球は100マイルを記録しましたが、コントロールは良くなく、大リーグ通算の9イニングあたりの四球数B/9は4.7です。9イニングあたりの三振数K/9は9.5です。

 三振王ノーラン・ライアン
nolan ryan.gif

 Aロジャー・クレメンスRoger Clemens
 大リーグ通算354勝、184敗、勝率.658、防御率3.12、三振率8.6/9回、四球率2.9/9回、サイヤング賞7回受賞。100マイル前後の速球と93マイル(時速150キロ)のスプリッターを投げます。

 ロジャー・クレメンス
 非常にバランスの良いフォームです。左足に全体重がかかるように体の重心が左足の上にあります。これは制球の良さ、球威にもつながる大事なポイントです。左脚が垂直よりも3塁側に少し傾いていますが、これを1塁側に傾くように胸を張るようにして重心の位置を1塁側にずらせば即、大リーグで主流の投球フォームに移行できます。
clemens.gif


 球速を上げる方法

 マリアーノ・リベラの投球フォーム
rivera arm angle 縦横回転.jpg 

@投げる方の肩の、縦回転の速度を上げる
 これはオーソドックスな方法です。日本プロ野球史上最速と言われている元阪急の山口高志投手、元ロッテの村田 兆治投手、ヤクルトの由規投手のように上体をおもいっきり水平になるぐらい速く倒すやり方です。
 短所:頭が上下に激しく動くので制球が悪くなることです。

村田 兆治投手のマサカリ投法
murata chouji kyojin.gif

肩の縦回転
投球縦回転.gif

A投げる方の肩の、横回転の速度を上げる

肩の横回転
投球横回転2.gif

 現在大リーグで主流の投げ方です。実際には肩の縦回転、横回転の速さを各投手が自分なりに組み合わせて投げています。大リーグ通算303勝、シーズン300奪三振6回のランディ・ジョンソンは、横回転が主体の投げ方です。上原投手は大リーグに来て横回転が主体の投げ方に変わりました。大リーグに移籍した他の投手、黒田、斉藤、松坂、ダルビッシュ投手も横回転の比率を高めてアメリカ的な投げ方に変わりました。

 @の方法は、制球に問題があるので、横回転で球速を稼ぐ方法が今や大リーグの主流となっています。右投手で言うと、前脚を伸ばしてこれを回転軸にして体を1塁方向まで回転させる方法です。

  現在大リーグで主流の投球フォーム

 今年2012年のオールスター・ゲームでは大リーグの最速記録105マイル(時速169キロ)を持つアロルディス・チャップマンと去年のサイヤング賞受賞者のジャスティン・バーランダーが101マイルを記録しました。また、ナリーグのクローザーのクレイグ・キンブレルが100マイルを記録しました。アメリカン・リーグのクローザーのフェルナンド・ロドニーが99マイルを記録しました。

 シンシナティ・レッズのアロルディス・チャップマン
chapman.gif

 デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダー、イチローを三振にとる
verlander.gif

 アトランタ・ブレーブスのクレイグ・キンブレル
kimbrel.gif

 タンパベイ・レイズのフェルナンド・ロドニー
rodney.gif
 この4人の共通点
 3塁側に向いた腰が一気に1塁側に向いています(右投手の場合)。

 腰の回転が速いです。

 前脚が伸びて傾きが垂直よりも1塁側に傾いている(右投手の場合)。これは体を1塁側に回転させるために必須の姿勢です。回転の遠心力に負けないようにするためでもあります。

 

 中でも、大リーグ最速記録105マイル(非公式には106マイル、時速171キロも出している)を持つチャップマン投手は1塁側に向いていた体が一瞬にして3塁側に向いています。軸足(後足)の蹴りが非常に強いのが1番の要因だと思います。バーランダー投手と比べると違いが良く分かります。チャップマン投手は蹴りが強くて動きが見えません。

 チャップマン投手が人類最速の106マイル、時速171キロを出せた秘密
 チャップマン投手は軸足の蹴り出しが驚くほど速い。重要なのはその際の膝の向きで、素早く膝をホームプレートの方向に向けて、前方上空に向かって蹴っている。セットポジションのままの向きで軸足を蹴ると強い蹴りは不可能である。この強い蹴り出しで一気に体の向きを反対方向に変えています。軸足の爪先側に体重をかけ、ここを支点にすることで素早く膝の向きを変えています。陸上短距離選手のように、曲がった足首を伸ばすように前方に蹴るので体は前方にジャンプするように飛び出して行きます。

チャップマン投手は前足を着地してから一気に体の向きが反対方向になる最大の理由

股関節、膝関節の内旋から外旋への動きが大リーグ最速の球速を生み出している
chapman rennsyu 内旋から外旋のコピー.jpg

 投球動作の最初の段階であるワインドアップ時のフォームが理にかなっています。上体が捻られ背中が捕手の方に向いていていますが、捻られているのは腰の位置で捻られているのではなく、股関節の位置で捻られています。骨盤をセンター方向側に回転させています。上体をホームプレート方向に回転させる動きは腰から上の捻りを戻すのではなく、骨盤そのものを回転させてその結果として上体がホームプレート側に回転してゆきます。腰の周囲の筋肉によって腰から上の上体の捻りを戻す動作は、非力で動作が遅く効率が良くありません。股関節を内旋しておいて、それから外旋することによって骨盤を回転させ、軸足の膝の向きがホームプレート方向側に向いてきたら、膝、足首、爪先を一気に伸ばし、骨盤の回転をさらに加速させています。

 チャップマン投手(左腕)は、前足を前に踏み出す段階からすでに、骨盤を素早く回転させています。その結果、前足を着地してから骨盤の回転がさらに加速するので、体の向きが1塁側から3塁側へと一気に反対側に変わっています。

chapman rennsyu side.gif
chapman rennsyu sides1.gif



 肩が素早い円軌道を描くので、腕は何もしなくても遠心力で自然に振り出されているように見えます。ボールのリリース近くまで、腕に力をいれず何もしないことが大事な気がします。それが肩、肘への負担をかけずに速いボールを投げる秘訣のようです。
 
 チャップマン人類最速106マイル、軸足の膝を素早く前に向けて蹴っている 
chapman step .jpg
chapman106slow1.gif
(1コマ1/20秒)

 右投手で考えると、前足(左足)を前に踏み出し膝を伸ばしたまま、左脚を軸にして、体を素早く回転させ、投球動作の最後には1塁側に体が傾く一連の動作です。

 背中を後ろに少し反らせながら左足を前に踏み出し、左足が地面に着くと、体を一気に回転させ、右手でフォロースルーを行い、体は一塁側を向きます。前脚の軸は遠心力に打ち勝つために1塁側に少し傾きます。

  右腕はあまり体に近づけないで、スリークォーターからサイドスローに近い腕の角度にしています。回転軸から距離があるほど速度が速くなるからです。
 左投手の場合には右足を軸にして、最後は3塁側に体が傾きます。

 他の大リーガーの多くも程度の差はありますが、同じように体の回転を主体にして球を投げています。この投げ方の長所を自分なりに推測すると、
 @球速が出る。
 身長が高くなくても、体の回転速度を上げることで、球速が出る。先にあげたペドロ・マルチネス、クレイグ・キンブレル、フェルナンド・ロドニーの身長はみんな180センチ程度と高くありません。

 A制球が良い。
 一定の姿勢(くの字姿勢)で体を回転させるので体が前のめりにならず、球の高低が安定する。前足一本で体を回転させるのでマウンドの傾斜の影響を受けにくいことも制球にはプラス。逆にマウンドの傾斜を利用して体の回転を加速でき、球速が出やすくもなる。

 B体を一塁側まで回転させ、球のフォロースルーを長く取れるので、ボールのリリースポイントも前に来て、球の回転が良くかかり、球が良く変化する。
以上が考えられます。

 今まであまり気にしていませんでしたので、いつからそうなのかわかりませんが、この投げ方が今や大リーグの主流のようです。誰がこの投げ方を始めたのかは良く知りませんが、1960年代にサンディー・コーファックスとともに活躍した、サイヤング賞も受賞した右の剛球投手ボブ・ギブソンは極端に投球後一塁側に体が傾いた投げ方をしているのを知りました。もしかしたら、この人が元祖でしょうか。

 1960年代に活躍したボブ・ギブソンBob Gibson
gibson.gif

 その後の有名な投手では史上最強右腕と言われたペドロ・マルチネスがこの投げ方をしていました。彼はサイドスローに近い投げ方をしていました。身長は180センチ足らずなのに、全盛期には100マイル近い球を投げていました。ペドロ・マルチネスの投げ方を多くの投手が参考にしたのでしょうか。

 史上最強右腕ペドロ・マルチネスPedro Martinez(ヤンキース戦で17三振)
pedro martinez17k.gif

 藤川球児投手は火の玉ストレートで有名ですが、大リーグで火の玉投手といえばボブ・フェラーが有名です。1936年に17歳で大リーグにデビューしその年に1試合で17三振を奪う活躍をみせ、大リーグ通算で7度の奪三振王に輝きました。まだスピードガンがなかった1946年に、107・9マイル(約174キロ)を記録したともいわれています。陸軍の測定装置によりホームプレート上で98マイルを記録したそうです。

 大リーグの火の玉投手ボブ・フェラーBob Feller(時速174キロを記録したと言われている)
bob feller.gif
今大リーグで主流となっている、投球後半に体が1塁側を向く投球フォームです。肩の横回転が主体の投法です。ボブ・フェラーの方がボブ・ギブソンよりも先にこういうフォームで投げていました。

ボブ・ギブソンと同時代に活躍したハイ・キック投法の象徴のような投手、ドミニカ出身のフアン・マリシャルJuan Marichal(1960-1975)、身長 6' 0" =約182.9 cm、体重 185 lb =約83.9 kg
大リーグ通算243勝142敗、防御率2.89。注目すべきはダイナミックなフォームから予想できないそのコントロールの良さで、四球率1.8/9回、元はサイドハンドスローの投手でした。サンフランシスコ・ジャイアンツで大リーグデビュー。その後ジャイアンツに14年在籍。
肩の縦回転が主体であるが、上体が一塁側に傾くので、肩の横回転もあります。体全体で投げているためか故障もなかったようです。肘はあまり曲げておらず、腕は胴体と一緒に回っており、腕は意識して振っていないように見えます。怪我もなく、制球、防御率も良く、200勝以上達成したフアン・マリシャルの投球フォームは注目に値します。

フアン・マリシャルJuan Marichalの投球フォーム
juan marichal.gif
フアン・マリシャル究極のハイキック投法


大リーグで主流の投球フォームで初めて300勝を達成した投手ドン・サットンDon Sutton(1966-1988)
身長 6' 1" =約185.4 cm
体重 185 lb =約83.9 kg
通算324勝256敗、防御率3.26、三振率6.1/9回、四球率2.3/9回。制球の良い投手で、それが理由のひとつなのか、18年連続10勝以上の成績を残しました。ドジャースで大リーグにデビュー。その後15年ドジャースに在籍しました。怪我とは無縁の投手で、故障者リストに載ったことが一度もありません。同じドジャースの先輩サンディ・コーファックスのような圧倒的な投球ではありませんが、安定した成績を残しました。

ドン・サットンDon Suttonの投球フォーム
don sutton.gif

大リーグで主流の投球フォームに大きな影響を与えたと思われる日本人投手

 それは日本人が大リーグに進出するきっかけを作ったパイオニア野茂英雄投手です。
 投球後半は上体が一塁側に向く投げ方ではありませんが、ワインドアップで上体を大きく2塁方向にまで捻るトルネード投法は、現在のアメリカで主流の投げ方に大きな影響を与えたのではないかと思われます。野茂い投手が大リーグにデビューした年以前に、あのように上体を捻る投手は大リーグにいなかったのではないでしょうか。このモーション抜きには現在の投球方法は成立しないと思います。

野茂投手のトルネード投法
nomo tornado pitching form.gif
野茂対バリー・ボンズ
nomo vs bonds.gif

 
 では、現役の日本人大リーガーはどうでしょうか。

 制球の良い上原投手が一番近い投げ方をしています。極端に一塁側に傾きはしませんが、左足を軸にして素早く回転してコンパクトなフォームで投げています。大リーガーと同じく腰の回転が速く、日本人大リーガーの中では1番です。球速はあまりない(89マイル、時速143キロ程度)のですが球の回転が非常に高く(フォーシームで2500rpm程度)、打者の多くが空振りをしてしまいます。

 上原投手
uehara0515.gif

 同じく制球の良い黒田投手も近い投げ方をしています。調子の良い時ほどその傾向が強いです。6月30日シカゴ・ホワイトソックス戦で11三振を奪った試合がそうでした。

 黒田投手ホワイトソックス戦で奪11三振
kuroda.gif
 
 ダルビッシュ投手は4月が一番調子が良く、ヤンキース戦では11三振を奪い圧倒的な投球をしました。しかし、5月になってからは調子が徐々に下がり、シーズン後半では防御率も4点台半ばになり非常に苦労しています。
 11三振を奪った4月24日ヤンキース戦と、6回2/3イニングで6失点した8月6日レッドソックス戦の投球を比較してみましょう。
 ヤンキース戦での投球では膝が少し曲がって、少し前かがみではありますが、回転を使った投球で躍動感があります。
 一方、レッドソックス戦では膝が伸びて背筋も伸びて悪くないフォームですが、左足を軸にした体の回転がなく、ヤンキース戦の時に比べて躍動感がありません。
 2つの投球フォームの良いところが合わさると、完璧な投球フォーム、投球動作だと思います。恐らく、球速もあがり、球の動きも良くなるでしょう。

 ダルビッシュ、ヤンキース戦で奪11三振
darvishyankees.gif

 ダルビッシュ、レッドソックス戦で2塁打7本を打たれた試合
darvish2.gif

 ダルビッシュ15勝目、2012シーズンは最終的にこのフォームになりました(球速93マイル)
 4月24日ヤンキース戦のフォームと比較すると、腰の回転が速くなっています。
 左脚が曲がり過ぎているのと、上体を前に倒し過ぎたままにしているためか、左足を着地したとき体の重心が少し左足よりも3塁側にあるため、まだ体がスムースに1塁側に回転して行きません。
darvish15.gif 
darvish15slow3.gif

 上原投手は巨人時代は左足を着地したときに左膝を曲げていましたが、大リーグに来てからは伸ばすようになりました(1999入団1年目)
uehara knee1999.jpg

 黒田投手も広島カープ時代は左膝を曲げていましたが、今は左膝を伸ばすようになりました。
kuroda1999 knee2.jpg

 ダルビッシュ投手もヤンキース戦の頃に比べて膝の曲がりが少なくなってきましたが、まだ曲がりが大きいので膝を伸ばしたときに脚が後ろに動いて体の回転が滑らかではありません。体の重心も左足の上に来ていません。上体が前かがみ過ぎて重心が3塁側に少し流れる状態で、無理やり体を1塁側に回転させているので、左足を蹴ったときに足が後方に大きく動いています。

 ダルビッシュ投手は、左膝を伸びして、体の重心の位置を直せば、球速はもっと増し制球も良くなると思います。球速も100マイル近くになると思います。

 ダルビッシュ投手は今シーズン終盤にセットポジションをチャップマン投手のように前かがみにして、最初から軸足の爪先側にに荷重がかかるように修正してフォームは良くなりました。
 しかし、軸足の膝の向きをホームプレート側に向けるのが遅く、蹴り出すタイミングも遅いようです。チャップマン投手、黒田投手は軸脚の膝をホームプレート側に向けてから蹴っています。そのため、ダルビッシュ投手は重心も低くなりがちで、前脚の膝も曲がり過ぎになっているようです。また、軸足を蹴り出す強さもチャップマン投手、黒田投手よりも弱いように見えます。

 ダルビッシュ投手はフォームの修正能力が高いので、来年は期待できそうです。変化球は大リーグでも超一流であることが今年証明されたので、速球が確立されたら打者はもうunhittable(打つことが出来ない)になる気がします。そうなれば、来年はサイヤング賞が期待できると思います。

 大リーグに来て1年目から大活躍した斎藤隆投手

 1994年横浜時代の斉藤隆投手の投球フォーム。
saito1994slow2垂直_32.jpg
 左足の上に体の重心が来ている点に注目。
 体が3塁側に流れていない。左脚が垂直になっている。重心の位置が良く、投球後左足一本で立っていられます。
 日本人投手は3塁側に体が流れる選手が多いです。
 体が3塁側に流れる日本人選手は大リーグでは成功していません。
 大リーグで成功している選手、黒田投手、上原投手、斎藤隆投手は左足のバランスが良く、体が3塁側に流れていません。
 松坂投手は左足のバランスが悪く、重心の位置が安定していません。ほとんど体が3塁側に流れています。ダルビッシュ投手も少し体が3塁側に流れています。
saito1994slow2.gif

 2011年10月ブルワーズでポストシーズンの試合に登板した斉藤隆投手
saito20111017slow2.gif
 斉藤隆投手は大リーグに順応するのが速かった投手です。ドジャースに入団し、1年目から大活躍しました。今年は怪我でよい結果を残せませんでしたが、大リーグ通算7年で防御率が2.34と日本人メジャーリーガーで最高の数値を残しています。斉藤隆投手は日本人メジャー最高球速となる99mph(約159km/h)も記録しています。日本でよりもアメリカでの成績の方が良いのは驚きです。

 横浜時代の投球フォームを見てみると、オーソドックスなフォームですが、マリアーノ・リベラのように体の重心が左足の上にあり非常にバランスの良いフォームをしています。これが大リーグで1年目から成功できた要因だと思います。斉藤投手はドジャースでの1年目に24セーブを挙げ、防御率は2.07でした。2年目には39セーブを挙げ、防御率は1.40でした。また投球フォームをアメリカ的に変えたのもアメリカで成功した秘密だと思います。

 左膝は深く曲がっていますが、2011年ブルワーズ時代の投球フォームを見ると、左膝の曲がりが少なくなっており、投球の最後には体が1塁側に向くようになっており、アメリカ的なフォームになっていました。このフォームの変更のおかげで球速が日本で投げていたときよりも速くなったのだと思います。
 現在のダルビッシュ投手と似たフォームです。左足を蹴ったとき左足が後ろへ大きく動く所は特に良く似ています。斉藤投手の他の投球シーンで、左膝の曲がりが少ないときは足の後ろへの動きは少なくなっています。この動きは左膝の曲がりの大きさだけが原因ではなく、体の重心の位置にも関係しています。少し重心の位置が3塁側に来すぎているためか、左足を蹴ったとき左足が後ろへ大きく動いているのだと思います。

 松坂大輔投手の投球フォーム
 西武時代には上体を前に速く倒すことで球速を稼いでいました。大リーグに移籍してから、上体を前に倒さなくなり、代わりに1塁側に向けるようになりました。別の表現では、肩を縦に振ることから横に振る、つまり肩の縦回転から横回転に変わったと言えます。

 松坂大輔投手、入団5年目、2003年西武時代、時速153キロ
 左足を着いたときの体のバランスが良くありません。全体重がクレメンスのように左足にかかっていません。体の重心が左足よりも3塁側にずれていて、体が3塁側に流れています。
 左足一本でバランスよく立っていられるように、左足の上に体の重心(大体へその位置)が来るのが投球の基本です。制球の良いマリアーノ・リベラの投球フォームもこの基本を守っています。この基本ができていれば、体の重心を少し左足よりも3塁側(背中側)にずらすことで、アメリカで主流の投球スタイルへ容易に移行できます(さらに前脚の膝を伸ばす必要があります)。斉藤隆投手が1年目からずっと活躍できたのはこの左足のバランスの良さにあると言えます。
 また、右足の蹴りが非常に弱いのも気になる点です。これでは腰の回転が弱くなり、左膝を曲げながら意識的に体を前に倒すことになり、頭が下に急激に動き制球を乱し、肩、肘への負担もかかります。
matsuzaka2003153.gif


 松坂大輔投手、2012年初勝利、大リーグ通算50勝目、93マイル、時速150キロ。
 この投球の時に限っては体の重心の位置は良く、大リーグの主流と比べて違っているのは、左膝の曲がりが大き過ぎて体がスムースに1塁側に回転していないことと、踏み出す歩幅ストライドが狭すぎて球速が出にくくなっている点です。
また、右膝の曲がりが大きすぎて蹴る力が弱く、これも体が速く1塁側に回転していかない原因です。
松坂投手は投球のほとんどで重心の位置が悪く、3塁側に体が流れているのが気になります。

 松坂投手は現在、フリーエージェントになっており、昨年手術した肘の状態も来年はもっとなりそうなのでお買い得の投手と呼ばれています。大リーグで50勝を挙げて実績は十分で、しかも年棒が現在の8億円から1年契約の1億円台に下がりそうだからです。

 膝、歩幅ストライド、重心の位置を修正すれば来年はその言葉通りになるかもしれません。きっかけさえあれば、投手は大きく化ける可能性があります。
 元阪神、現在サンフランシスコ・ジャイアンツのボーゲルソンは35歳にして今年ワールドシリーズで1勝、プレイオフ全体では3勝を挙げて大活躍でした。
また、タンパベイ・レイズのフェルナンド・ロドニー選手はロサンゼルス・エンゼルスから今年移籍し、2011年度の防御率4.50から今年は大リーグ記録となる防御率0.60に下げました。セーブ数は48(セーブ機会50)でアメリカンリーグのセーブ王になりました。さらに、カムバック賞、最優秀救援投手賞も受賞しました。
 松坂投手には来年ぜひカムバック賞を取ってほしいと願っています。
matsuzaka20120827slow2.gif



 最後に7月30日ブルージェイズ戦で13三振を奪って2勝目をあげた岩隈投手の投球です。左足を軸にした回転による投球ではありませんが、13個目の三振は少しそれに近い投球でした。

 13三振を奪った岩隈投手の13個目の三振
iwakuma13.gif

 日本人投手も大リーグの主流の投球をした方が良い結果が出るようです。これから大リーグを目指す日本人投手は、早くからこの投球フォームを習得した方が良さそうです。

大リーグで主流の投球フォームと日本のプロ野球投手の投球フォームの違い

 両者の違いは球速を稼ぐ方法の違いから生れます。

 大リーグでは腰の回転を速くすることで球速を稼ぐ。

 日本のプロ野球は上半身を前に速く倒すことで球速を稼ぐ。
 山口高志投手、村田兆治投手(マサカリ投法)、ヤクルトの由規投手が代表的な投手です。しかし、この3人のように上半身を大きく倒すと頭が大きく下へ動くので制球が悪くなる欠点があります。

 具体的なフォームの違い

大リーグ
 @前脚の膝をあまり曲げずに着地し直ぐ真っ直ぐに伸ばす
  膝が曲がっていると腰の回転が素早く出来ない。また、くの字姿勢のまま体が素早く1塁方向まで(右投手の場合)回転できない。重心は高めになる。

 Aクローズドスタンス(セットポジションで前足を上げたとき背中を十分に打者の方に向ける)

 B体の重心の位置が前足よりも1塁側にくる(右投手の場合)
したがって、右投手の場合、前脚の軸が垂直よりも1塁側に倒れる。これは、体の回転が速いので遠心力に打ち勝つために必要です。
kimbrel10normalkatamuki_21.jpg

日本
 @オーソドックスなフォームの投手が多く、前脚の膝をノーラン・ライアンのように深く曲げている。
  これは、上体を前に倒すことで右肩を前に出し球速を稼ぐためです。
  ダルビッシュ投手も左膝が曲がっていて重心は低めです。

 Aスクエアスタンス(セットポジションで前足を上げたとき左肩と右肩を結んだ線がホームプレートに向く)

 B体の重心の位置が前足を通過するか、ノーラン・ライアンのように前足よりも3塁側にくる(右投手の場合)

 楽天、田中マー君のフォーム、2011年8月27日ソフトバンクス戦で奪18三振
 体の重心の位置が左足よりも3塁側にあるため体が3塁側に流れています。
tanaka20110827softbanks18sanshinyamasaki.gif

 日本人最速をマークしたヤクルトの由規投手
yoshinori161.jpg
 日本プロ野球史上最速(160キロは超えていたらしい)の山口高志投手のようなフォームをしています
yoshinori161.gif
yoshinori161slow3.gif

 山口高志投手の投球フォーム(左足の膝が曲がっていない点に注目)
yamaguchi maeasi .jpg
山口高志投手の投球フォーム(動画)はここをクリック

 由規投手と山口高志投手の共通点
@前脚の膝は曲げないで伸ばす
A上体を思い切り速く大きく前に倒す
Aは@を行なうと、下半身に急ブレーキがかかり、上体だけが前に飛んでゆくので自然とそうなってきます
膝を曲げると腰がどうしても前に移動してしまいます。膝を思い切り曲げて重心を落とすと、下半身のブレーキはかかりやすくはなりますが、膝を伸ばした方が良い結果が出ます。また膝を曲げすぎると腰の回転がしづらくなる欠点があります。だから、アメリカの主流は膝を伸ばすのだと思います。

 由規投手と山口高志投手の相違点
 由規投手の方がストライド(歩幅)が大きく、右足の蹴りが強い。現代流の投球方法に進化させています。

 由規投手は腰の水平方向の回転をあまり使ってないので、体の重心を1塁側にずらせば、大リーガーのように腰の回転が速くなり、球速もさらにアップしそうです。上体を前に倒す大きさを少し減らして、前脚を軸に体を1塁側に回転させるようにすれば、球速を減らさずに制球も良くなり、肩、肘への負担も減るでしょう。
 由規投手は球速は出るのですが、制球が良くありません。2011年度までの四球率/9回が3.9です。重心の位置が低いので軸足の蹴り出しのタイミングを早くして重心をもっと高くすれば、クレイグ・キンブレルのように目線の高さが一定となり制球はもっと良くなりそうです。

 日米のフォームの比較から導かれる点
 速い球を投げるのに必要なポイント
@前脚を伸ばす
 膝を少し曲げて着地して素早く伸ばす
A前足を着いた時の重心の位置を投げる手の側にずらさない(ロジャー・クレメンス、マリアーノ・リベラのように)
 そうすると、右投手では下半身が前に流れ、体が3塁側に流れ、球速が上がらない。肩、腕で球速を稼ぐために制球も悪くなり、肩、肘への負担が大きくなります。故障にもつながります。肩、肘の手術をした投手を見るとそうなっている選手が多いようです。五十嵐投手、松坂投手、村田兆治投手等。

 重心の位置は最低でも、前足の上を通過するようにする。

 アメリカの主流は(右投手の場合)重心をさらに1塁側にずらし、最後は上体が1塁側に向きます。
 重心のずらしは前足を着地してから、背中を後ろへ少し反らせて行います。前足を着地するときはあくまで重心は左足の上というよりも、体の重心が前に進んで描く軌跡の延長線上にある必要があります。

 参考にするべき大リーグの投手は誰が良いのか?
 参考にするポイントは
 @球速が出やすい
 A制球が良い
 B肩、肘を怪我しない(肩、肘への負担が少ない、つまり下半身を効率よく使っている)
 
 この基準からすると、ノーラン・ライアンよりもロジャー・クレメンスの方が優れています。ノーラン・ライアンはスピードを優先したため制球が悪くて、サイヤング賞は取れませんでした。ノーラン・ライアンを手本にした投手は、松坂投手のように今の時代に適応するのに苦労します。松坂投手はロジャー・クレメンスを手本にしていれば大リーグでもっと成功したと思います。
 
 上の3つを同時に成立させている大リーガーを1人挙げるとすると、私はアトランタ・ブレーブスのクレイグ・キンブレルを推奨したいと思います。Bについては年齢が24歳とまだ若く完全には証明されていませんが、今のところ問題はないようです。
 チャップマン投手の投球フォームもキンブレル投手と甲乙つけがたい良さがあります。特にセットポジションからの投球フォームは頭の動きも少なく理想的な投球フォームです。この二人の良いところを取り入れれば、人類最高のフォームになるかもしれません。
 セットポジションからのチャップマン投手の投球、103マイル(時速166キロ)
chapman103set2012.gif

 球速よりも制球、肩、肘への負担を重視するならば、マリアーノ・リベラを推奨します。マリアーノ・リベラは制球が良く、20年近く肩、肘に大きな怪我せずに投げて、実績を残してきました。大リーグ記録となる608セーブ、大リーグ通算18年間の防御率は2.21です。
 
 クレイグ・キンブレルが凄いのはスピードとコントロールを両立させているからです。
 一般的にスピードを重視するとコントロールが乱れがちになるものです。
 キンブレルは無駄な動きがなくエネルギー効率が非常に良いコンパクトなフォームをしています。

 今、大リーグで最も三振奪取率が高い投手はアトランタ・ブレーブスの若きクローザー、クレイグ・キンブレルです。キンブレルの平均球速は96.8マイル(時速156キロ)、最速100マイル(時速161キロ)、三振奪取率は16.7/9回で、3人の内2人は三振という凄い成績を残しています。身長は180センチしかありませんが、筋力トレーニングの成果だと思いますが、ガッシリとした筋肉のかたまりのような体型をしています。
 キンブレルは球が速いだけではありません。制球も非常に良く、2012年度の四球率は2.0/9回です。

 キンブレルはまだ24歳と若く、Bの肩、肘への負荷がこの投球フォームでどれぐらいかかっているのか、本人しかわかりませんが、ビデオで見る限り足腰を効率的に使って、球速を稼いでいるように思えます。このまま怪我がなければ大リーグ史上最高の投球フォームだと私は思います。

@まず、膝の曲がりが非常に少ない点が挙げられます。
 膝を深く曲げて伸ばすのは非常に膝への負担がかかります。キンブレル投手は軸足も前脚も膝の曲がりが少ない。

A体のバランスが非常に良く、いつも同じフォームで投げられる。
 重心が右足の上からまっすぐホームプレートへ向かい、左足はその重心の描く軌跡の延長線上に来ています。
 左腕を肩の高さまで水平に上げバランスをとって、体の軸が傾かないようにしています。

B頭の動きが少ない
 これはコントロールを良くするために重要なポイントで、上原投手のコントロールの良さもこれに由来していると思われます。キンブレル投手は頭の上下動だけでなく、頭が1塁側に流れる動きも他の選手に比べて少ない。
 頭の上下動が少ないのは左膝を少し曲げて着地し、すぐ伸ばしているからです。そのため上体が前に倒れて頭が下に動いても、膝を伸ばすことで上体が上に動くため、頭の上下方向の動きが相殺されるためです。

 キンブレル投手の頭の上下動が少ない秘密
kimbrel superslow side.gif

 頭が1塁側に流れる動きも他の選手に比べて少ないのは、体の重心を左足から1塁側に大きくずらさないで左脚の軸の傾きを必要以上に1塁側に大きく傾けないためです。
 また、左足をクローズド気味に少し3塁側に着地させているためです。
kimbrellanding .jpg

C頭がいつもホームプレートの方を向いている。左手のグラブを脇に抱えたまま最後まで下げない。
 これは非常に大事な点で、命にかかわります。
 大リーグの主流の投球フォームでは、投球後半に体が1塁側に向くので打者の打球が右側頭部を直撃する可能性があるからです。

 今年、オークランド・アスレチクスの先発ブランドン・マッカーシー投手はエンゼルス戦で、打者のライナー性の当たりが右の側頭部を直撃し、その場に倒れました。側頭部を骨折し、危篤状態に陥りましたが、幸いに手術後の経過も良くまた野球ができそうなので安心しました。
 マッカーシー投手は左手のグラブをまっすぐに下げていました。
 マッカーシー投手の頭部に打球が直撃(動画) 

今年のタイガース対ジャイアンツのワールドシリーズでもこれと似た場面がありました。
 タイガースの先発ダグ・フィスター投手が同じくライナー性の打球が頭にぶつかりましたが、ボールは大きく跳ねセンター前まで飛んでいったので、ダメージは少なかったようで本人は7回途中まで投球を続けました。フィスター投手も左手のグラブをまっすぐに下げていました。
 フィスター投手、頭にボールがぶつかる(動画)


 
posted by BEST PITCHING at 14:06 | Comment(3) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月13日

松井裕樹投手の投球フォームと大リーグで主流の投球フォームとの比較

 松井裕樹投手が昨年の甲子園で江川投手の1試合の三振記録を破る22三振を記録したのを知ったのは、つい最近です。その投球フォームは日本では珍しく、大リーグで主流の投げ方に似ています。

松井裕樹投手、昨年2012年の甲子園大会前の予選の成績
matsui yuuki.jpg
四球率4.3/9回、三振奪取率13.2/9回

 今は西武ライオンズの菊池雄星投手が甲子園で時々大リーガーのような投げ方をしていたのですが、松井裕樹投手は全投球が大リーガーのような投げ方をしています。

 松井投手の今後の活躍次第では日本の投手の投球フォームも大きく変わる可能性があると思います。

 その投球フォームを大リーグの投手と比較しながら分析してみたいと思います。

matsui yuuki koshien.gif
matsui yuuki koshien slow.gif

matsui yuuki side.gif
matsui yuuki side slow.gif

松井裕樹投手(左腕)の特徴

@ボールをリリースした後、大きく体が3塁側に流れる

 これは今まで甲子園では見なかったフォームで、日本の野球にとっては歴史的な光景でした。

A腕の水平からの角度は大きく、腕を投げ下ろすような投球フォームです。

 これは大リーグのオーソドックスなオーバーハンドスローによく見られます。

B左肩を下げて上体を後ろに反らせながら前足を振り出している。

 これは大リーグで昔行われていたハイ・キック投法(膝を伸ばしたまま前脚を高く上に上げる)でよく見られました。現在の大リーグでも程度は小さいけれど投球側の肩を下げる動作を行っている投手はいます。昨年サイヤング賞を受賞したアメリカンリーグのデイビッド・プライスDavid Priceもその一人です。今年活躍している(5月11日現在、6勝0敗)ボストン・レッドソックスのクレイ・バックホルツClay Buchholz 投手もそうです。上体をスウィングして肩を縦に回転するために有効な動作です。縦回転と横回転を加えたスリークォーターの投手には特に有効だと思います。

C腕のスウィング速度が速い、一塁側に向いていた上体が、一瞬にして3塁側に向く

 これは下半身を十分に利用している(軸足の蹴りが強い)結果だと思います。

 松井裕樹投手の投球フォームの特徴は、上体の軸を大きく3塁側に傾けているので、ボールのリリース後、体が大きく3塁側に流れています。上体の軸がもっと垂直に近かったらと仮定すると、オーソドックスな投球フォームであり、こういうフォームをした大リーグの投手を挙げるとすると、日本に縁のあるウォーレン・スパーンがいます。スパーンは大リーグの左腕としては最多の363勝(大リーグ歴代第6位)を挙げています。しかも第二次世界大戦に出兵して3年間を棒に振っての成績です。それがなかったら400勝は超えていて歴代2位のウォルター・ジョンソンの417勝に迫っていたでしょう。スパーンは1975年に広島東洋カープの春季の臨時コーチを勤めたことがあります。

ウォーレン・スパーンWarren Spahnの投球フォーム
warren spahn 300win.gif
warren spahn 300win s1.gif

 松井投手のようにボールのリリース後、体が大きく3塁側に流れる大リーグで今年活躍している左腕投手を1人挙げてみましょう。
 アリゾナ・ダイヤモンドバックスの若手パトリック・コルビンPatrick Corbin(23歳)です。5月11日現在5勝0敗、防御率1.75の成績を残しており、今やエースとなった感じです。今年の四球率2.3/9回、奪三振率7.0/9回と制球も優れてます。

パトリック・コルビンPatrick Corbinの投球フォーム
Patrick Corbin.gif
Patrick Corbin s1.gif

松井裕樹投手とパトリック・コルビン投手のフォームの比較

 まず、腕の角度(水平からの)がコルビン投手の方が小さく、コルビン投手は肩の横回転が主体で、ランディー・ジョンソンの投球フォームに少し似ています。松井投手は肩の縦方向の回転が主体で、横方向の回転は小さいです。

 肩の横方向の違いを生み出している大きな要因は骨盤の回転です。

 コルビン投手は軸足の蹴り始めからすぐに股関節の回転(外旋)を行いながら、骨盤を回転させています。そのため、肩の横方向の回転が速く、腕の角度も水平に近くなっています。

 一方、松井裕樹投手は軸足を蹴るときに、股関節を回転させず、外転だけで両脚を広げる動作だけしか行っておらず、骨盤は回転させないで前脚を踏み出しています。そして、前足が着地してから本格的に腰の捻りを戻している(腰の回りの筋肉で)ように見えます。股関節をあまり使っていないので骨盤の回転は速くはありません。ただし、骨盤は回転していかないけれども、上体を前に移動させるための軸足の蹴りは強いように見えます。この軸足の蹴りの強さが松井投手の優れている点だと思います。

 松井投手は上体の軸が大きく3塁側に傾いているので、ボールをリリースした後、上体に働く重力のため、上体を3塁側に回転させようとするトルク(回転力)が働きます。そのため、上体の横方向の回転が加速され、骨盤との間に捻れが生じているのが動画からもわかります。上体の横方向の回転に引きずられるようにして骨盤が回転しています。そのため左脚が遅れて付いて来ています。

 コルビン投手の場合は骨盤を積極的に回転させているので、腰の捻れが見られず、流れるようなフォームになっています。

 松井裕樹投手とコルビン投手は共によく変化するスライダーを投げています。その要因は?

 2人とも肩が直線的な動きをしておらず、向きはそれぞれ違いますが、円軌道を描いているからだと思います。ランディー・ジョンソンも円軌道を描くフォームでした。そのため、握りの中心を外に少しずらすだけで自然とボールに回転がかかるので、よく変化するスライダーを投げれるのではないかという気がします。

 松井投手の投球フォーム、投球内容で気になる点

@前腕の遅れ(レイバックlay back)が大きい

前腕が後に大きく倒れている(レイバックlay back)
matsui yuuki lay back.jpg
前腕の遅れ(レイバックlay back)肘の故障につながります。将来、内側側副靭帯を損傷する危険性が高くなります。

 この原因はテイクバックで肘を大きく背中側に引いている(肩甲骨が後退)からです。そのため肘が先行して前腕が遅れてしまいます。これは腕がしなるような投球フォームのことです。当面は打者を打ち取るのに良い結果が出るかもしれません(タイミングが合わせづらいので)が、長い目で見ると肘の故障につながるフォームです。将来トミー・ジョン手術が必要になる危険性があります。

 テイクバックで肘を大きく背中側に引いている
matsui yuuki scapula loading.jpg

A腕の角度(水平からの)が大きい
 オーバーハンドスローは肩、肘を故障しやすいのですが、腕の角度が上体の軸となす角度が90度よりも大きくなるほどその危険性が高くなります。

 松井投手の腕の角度
matsui arm slot.jpg
 腕と上体の軸がなす角度は90度よりも少し大きい程度で極端ではありませんので、問題とはならないでしょう。ウォーレン・スパーンと比べても大きな違いはありません。

B球が高めに浮き制球が悪い

 左肩を下げて上体を後ろに反らせながら前足を振り出しているのと、前腕の遅れのために球が高めに浮くのではないかと思われます。
 テイクバックで肘を背中側に大きく引くのはやめて、上体を後ろに反らせる角度を小さくし、軸足側の股関節の回転(外旋)を使って骨盤の回転をもっと速くすれば制球は良くなると思います。
 このようにすると、必然的に腕の水平からの角度は小さくなります。肩の縦回転は減り、横回転が増えるためです。
 テイクバックで肘を背中側に大きく引くのをやめると球速が落ちるのではないかと思うかも知れませんが、ダルビッシュ投手もバーランダー投手も背中側に肘を引かないで速い球を投げています。肩甲骨を後に引くよりも、その分、股関節を使って骨盤を速く大きく回転させたほうが怪我もせずに球速も上がります。

  
posted by BEST PITCHING at 00:24 | Comment(5) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月06日

究極の投球フォームについて考える

投球に伴って起こる腕、肘の故障はどういうフォームで起こりやすいのか、それを防ぐ投球フォームについて、肩、肘の解剖と投球動作の物理的側面を考慮に入れて検討してみたいと思います。

肩の故障

@回旋筋腱板損傷
 肩の故障で多いのが肩関節の回旋筋腱板損傷。中日の浅尾拓也投手が現在痛めている疾患です。

A関節唇損傷

 投手のようにオーバーハンドスローを肩に力を入れて繰り返し行うと発生しやすくなります。投球のワインドアップ以外、どの段階でも発生する可能性があります。

肩関節の関節唇
関節唇.jpg
shoulder joint labrumのコピー.jpg
shoulder joint glenoid labrum3のコピー.jpg

 関節唇は肩の肩甲骨の浅い窪みの淵にある繊維状の軟骨で、浅い窪みを深くし、上腕骨の骨頭がこの窪みから外れないようにしています。日本ハムの斎藤佑樹投手も昨年、関節唇を損傷してしまいました。現在はリハビリ中です。
 関節唇損傷と回旋筋腱板損傷は同時に起こることも多く、関節唇損傷の40%に回旋筋腱板損傷を伴っていると言われています。

肘の故障 

@内側側副靭帯損傷
 肘の手術ではトミー・ジョン手術が有名ですが、これは肘の小指側の内側側副靭帯を再建(移植)する手術です。

投球動作の段階の分類
肩、肘の障害は、ワインドアップを除き、どの段階でも起こり得ます。特に急激な速度の変化(加速、減速)を起こすような投げ方は怪我につながります。
throwing phaseのコピー.jpg
別の分類
pitching motion phase.jpg

 
肩の骨の解剖
bony anatomy of the shoulder2.jpg
 肩関節はゴルフボールがティー(ソケット)に乗ったような構造をしていて、浅い窪み(ソケット)に丸い球状の形をした上腕骨の端(骨頭部、ボール)がはまったようになっています。そのため、腕をいろいろな方向に動かすことが可能だいう長所がある反面、不安定で大きな力がかかれば外れるかもしれないという不安定な構造となっています。

 この不安定さを安定化するためのしくみのひとつがローテーター・カフ(回旋筋腱板)という筋肉です。英語ではrotator cuffです。日本語では回旋筋腱板と訳されています。

ローテーター・カフ(回旋筋腱板)、右肩
rotator-cuff-muscles2.jpg
ローテーター・カフのコピー.jpg
Rupture-of-The-Rotator-Cuff2.jpg

 ローテーター・カフは肩甲骨と上腕骨の骨頭に付着した4つの板状の筋肉です。ローテーターとはローテート(回転、旋回)する物という意味で、肩関節では腕が旋回しています。カフは袖口という意味で、4つの板状の筋肉は袖口のように見えます。それで、ローテーター・カフと言われています。

 ローテーター・カフを構成する4つの筋肉

@棘上筋
A棘下筋
B肩甲下筋
C小円筋

 障害の頻度は@棘上筋が一番多く、次が棘下筋、その次が肩甲下筋で江川卓投手が痛めて引退のきっかけとなった筋肉です。障害が起こるのは回旋筋腱板の上腕骨に付着する腱の部分です。棘上筋は腕を上に上げるとき最初に働く筋肉で、そのあと肩を覆う大きな筋肉である三角筋が働きます。棘上筋の棘とは肩甲骨の後ろ側の棘のように出っ張った部分のことで、その上に棘上筋が、その下に棘下筋があります。
 ソフトバンクの斉藤和巳リハビリ担当コーチも肩甲下筋を故障し手術を行っています。肩甲下筋を故障するというのは程度としては重症なようです。
 腱(tendon)は筋肉(mustle)が骨に付く手前の部分で繊維状になっています。下腿の筋肉はアキレス腱に変化して踵の骨に付いています。rotator cuffの筋肉(mustle)を指す場合はrotator cuff mustle、腱(tendon)を指す場合はrotator cuff tendon と言います。

肩関節棘上筋関節唇2.jpg

 肘の故障に関してはトミー・ジョン手術で有名な肘関節内側側副靭帯損傷があります。肘関節内側側副靭帯が引き伸ばされて起こる故障です。大リーグの日本人では松坂投手が2011年に手術を行っています。

肘関節の解剖、右肘(体の内側から見た図)
Anotomy of the elbow.jpg

内側側副靭帯の位置(赤色の部分)
mcl位置のコピー.jpg

内側側副靭帯は3つの束からなるが、最も引っ張応力がかかるのが前束である。
ucl mclのコピー.jpg
elbow articular cartilage.jpg
elbow collateral ligament.jpg
elbow medial collateral ligament.jpg
elbow collateral ligament back side.jpg


 投球時には下図のように肘の外反(通常でも10から20度程度は外反している)を増大させるような力がかかり、その結果内側側副靭帯に引っ張り応力がかかり、組織に微小な損傷、部分断劽、稀なケースではありますが場合によっては一球投げただけで完全断劽ということも起きます。
valgus forceのコピー.jpg

肘の内側側副靭帯に大きな引張り応力がかかる投球動作の段階はいつか?

strasburg side lay back slow.gif
strasburg max external rotation.jpg
lay back wagner-300x199のコピー.jpg
前腕が最も後方に倒れ、肩関節が最大外旋(maximal external rotation)し、引き続き内旋に切り変わる時期は、前腕の回転の加速度が最大になり、前腕の質量の慣性により肘関節には大きなトルクがかかります。

 腕の振りが加速中に肘には外反を増加させる力、つまり外反力が働き、肘関節には外反トルクが働きます。
腕の振りと外反ストレス.gif

内側側副靱帯と外反力発生メカニズム.jpg
いったいどれぐらいのトルクがかかれば内側側副靭帯は破断するのでしょうか?

死体の靭帯で実験した結果はなんと、32Nm=3.3kg重・mでした。

肘の断面での前腕の回転中心と側副靭帯までの距離を5センチ(0.05m)と仮定すると、
側副靭帯にかかる力は、3.3/0.05=66kg重
となります。

投球の度に発生する外反トルクは靭帯の許容限度を超えているのになぜ靭帯は破断しないのか?

手首を曲げる屈筋(橈側手根屈筋、尺側手根屈筋、flexor carpi ulnaris and radialis)も外反トルクに対抗しているからです。

 この“lay-back”レイバックの体勢は内側側副靭帯に大きなストレスをかけているのですが、他の投球動作の段階でもストレスがかかる部位があります。
 先に挙げた屈筋を含む、屈筋回内筋群、flexor-pronator mass はコッキングから加速の段階に移行する投球動作の段階で大きな負荷がかかります。この段階ではそばを通る尺骨神経も大きな危険にさらされます。
 屈筋回内筋群の力が弱いと、外反トルクと対抗するのに内側側副靭帯にかかるトルクがその分大きくなるので、屈筋回内筋群を鍛えることは内側側副靭帯の損傷を防ぐためにも大事です。

肘の曲がり具合はどれぐらいがいいのか?

SCIENTIFIC STUDIES
科学的な研究結果

Between 30° and 120° of elbow flexion, the UCL is the primary stabilizer against valgus force.1 Outside of this range, bony structures and other soft tissues take larger roles in stabilization.
肘の屈曲が30度から120度の間では、外反力に対抗して肘の安定を保つ一番の役割を果たすのは尺側(内側)側副靭帯である。(肘の屈曲が)この範囲以外では骨の構造物や他の軟部組織(屈筋、回内筋、他)が安定化にもっと大きな役目をします。

Morrey and An showed that, at 90° of flexion, up to 55% of the stabilizing force is contributed by the UCL.
モーレイとアンは、肘が90度屈曲しているとき、肘を安定させる力の55%までもが尺側(内側)側副靭帯のおかげだということを示しました。

肘の屈曲は90度のとき、尺側(内側)側副靭帯には最も大きな引張応力が発生する

Physics tells us that valgus torque is greatest when the elbow is flexed to 90° (explanation in the following section). In the Morrey and An study, it was shown that the UCL handles its largest relative valgus load when the elbow is flexed to 90°. Combined, these two facts illustrate that valgus stress in the UCL is greatest when the elbow is flexed to 90°.
外反トルクは肘の屈曲が90度のとき、最大になることを、物理学は教えています。モーレイとアンの研究では、尺側(内側)側副靭帯は肘の屈曲が90度のとき、相対的に外反力にもっとも大きな抵抗(反作用)を示すことが証明されました。これらの2つの事実をあわせると、尺側(内側)側副靭帯での外反ストレス(引っ張応力)は肘の屈曲が90度のとき最大になります。

腕の角度と外反トルク(valgus torque).jpg

forearm lay back.gif

コッキング初期のテイクバック時、肘からボールを後ろに引いて肘を高く上げるフォーム

腕をムチのようにしならせ、前腕が遅れて出てくる(lay back、レイバック)投げ方で、球速は出ますが、肘の内側側副靭帯に急激な引っ張応力がかかり、靭帯に損傷が起こり、トミー・ジョン手術を要する危険性があります。
 サイドハンドスローでも肘を大きく曲げ、腕をムチのように使う投げ方だと、トミー・ジョン手術を要する危険性があります。

(ESPNの記事より引用)
トミー・ジョン手術(尺側(内側)側副靭帯再建術)が必要となる投球フォーム、逆W
inverted W.jpg
Faulty mechanics seen as a pitcher's foot comes down -- note the unhealthy inverted W's of the arms above -- have forced some of the games best pitchers to have Tommy John surgery.
投手が前足を着地したときに見られる(文字Wをひっくり返した形になっている不健全な腕の形、逆Wに注目してください)誤ったメカニクス(投球動作)が、野球というスポーツの最も優秀な投手の内の何名かをトミー・ジョン手術へと追いやりました。

ESPNの記事のタイトルは、
Force of habit
習慣の力(習性)

Science, not the scalpel, is the real solution for Tommy John injuries. Too bad few MLB teams are paying attention.
メスではなく、科学がトミー・ジョン障害の真の解決策である。残念なことに、このことに注意を払っている大リーグのチームはほとんどいません。(ボルチモア・オリオールズはその例外的な球団です)

 最近トミー・ジョン手術を受けた大リーグの投手で有名なのは、ワシントン・ナショナルズのステファン・ストラスバーグですが、彼と大リーグで最初に手術を受けたトミー・ジョン本人との共通点は?
But the two pitchers -- as well as many others who have undergone UCL reconstruction -- have one thing in common: a mechanical flaw in the timing of their deliveries that causes the arm to lag behind the rest of the body, putting extra stress on the shoulder and elbow.
 しかし、この2人の投手は、尺側(内側)側副靭帯再建術を受けた他の多くの投手もそうですが、共通点が1つあります:一連の投球動作のタイミング上の欠陥で、腕が体の他の部分よりも遅れて出てくることです。これは余分のストレスを肩や肘にかけてしまいます。

トミー・ジョン手術(尺側(内側)側副靭帯再建術)を受けた大リーグの投手の投球フォーム

ジョン・スモルツ、213勝155敗、154セーブ
john smoltz1.gif

ビリー・ワグナー、最速101mph(約163km/h)の速球を投げた。あだ名はビリー・ザ・キッド。通算セーブ数は歴代5位の422。
Example_InvertedV_BillyWagner_2010_007.jpg

ステファン・ストラスバーグ(ワシントン・ナショナルズ)。2011年にトミー・ジョン手術を行なったので、2012年度は投球回数が160イニングに制限された。
strasburg xxx.jpg
strasburg side view lay-back4 framesのコピー.jpg
strasburg lay back.jpg
strasburg 37.gif

ヤクルト館山 昌平、2013年4月12日、2度目のトミー・ジョン手術を受けた。
tateyama shouhei s1_17.jpg
tateyama shouhei s1.gif

元ヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン)、サイドハンドから最速160キロを記録。2012年7月、トミー・ジョン手術を受けた。現在シカゴ・カブスと契約しているが、2013年度はリハビリで終わるかもしれません。リハビリは一年必要なので、登板できるようになるのは7月以降の見込みです。今シーズン中に藤川球児投手との継投が見られるだろうか?。
lim chang yong 4 frames.jpg
lim chang yong.gif 
lim chang yong 2011.gif
lim chang yong 2011s1.gif

西武、田中靖洋投手(2010年トミー・ジョン手術を受けた)
高校生の時に内野手から投手に転向。柔らかくしなる腕の振りから時速144キロを投げた。
柔らかくしなる腕の振りは褒め言葉のようであるが、肘、肩を故障しやすいと言えます。
将来、藤川球児投手のようになれると監督に言われたそうですが、藤川投手のフォームを真似したかどうかは知りませんが、藤川投手のフォームはテイクバックで肘が肩よりも上がり、inverted W(逆W)に近く、肩、肘にストレスのかかる投げ方なので、真似しないほうがよいと言えます。
 腕を背中側に大きく引いている 
田中靖洋.jpg
 腕の遅れ
田中靖洋腕の遅れ.jpg


田中靖洋投手、2012イースタンリーグでの投球(動画)


藤川投手のテイクバック、inverted W(逆W)に近く、肩、肘にストレスのかかるフォーム
2011年オールスターゲーム、時速151キロ
fujikawa kyuuji2011all star151k_17.jpg
fujikawa kyuuji2011all star151s1.gif


posted by BEST PITCHING at 12:53 | Comment(9) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする