記事一覧
日記(0)
MLB(39)
お知らせ(0)

2012年11月17日

ナックルボーラーのディッキー、サイヤング賞受賞

ディッキー、サイヤング賞受賞

 大リーグでただ一人のナックルボーラー、ニューヨーク・メッツのディッキー投手が予想通りナショナルリーグのサイヤング賞を受賞しました。ナックルボーラー初の快挙です。成績が不振で大リーグでの生き残りをかけて、30歳を過ぎてからナックルボール専門の投手に転向して、38歳という高齢で今年自己最高の成績を残しました。信じられないようなサクセスストーリーです。

 ディッキー
dickey cy young

ディッキーのサイヤング賞シーズン(動画)
Dickey's 2012 Cy Young season11/14/1201:04
A look back at some of the best moments from R.A. Dickey's 2012 NL Cy Young Award-winning season
R.A.ディッキーの2012年ナショナルリーグ・サイヤング賞受賞シーズンで最高の瞬間のいくつかを振り返ってみましょう


Storybook year ends in NL Cy Young for Dickey
おとぎ話のような年はディッキーのナショナルリーグ・サイヤング賞受賞で終る
Righty becomes first knuckleballer, third Mets pitcher to win award
右腕はナックルボーラーで初めての、またメッツの投手としては3人目の受賞者になる
By Anthony DiComo / MLB.com | 11/14/12 9:13 PM ET


NEW YORK -- In the opening lines of his autobiography, R.A. Dickey writes, "I will never be a Hall of Famer and will never lead the league in strikeouts," unaware that he would indeed achieve the latter feat in 2012.
ニューヨーク -- ロバート・アレン・ディッキーは自分の自叙伝の冒頭に、自分は決して野球の殿堂入りをすることはないし、リーグで三振王になることもないであろうと書いていますが、後者については2012年にその偉業を本当に達成することになろうとは思いもしませんでした。

Dickey recalls editing that passage with his co-author, Wayne Coffey, who asked why he did not include "winning the Cy Young" on the short list of accomplishments he supposedly would not achieve.
ディッキーは共同著者のウェイン・コフィーとその下りについて編集したのを思い返します。ウェイン・コフィーはディッキーに達成できないであろう業績の短いリストにサイヤング賞の獲得を何故載せないのかを尋ねたのでした。

"Because I hoped to," Dickey replied. "I hoped to win the Cy Young."
「それを願っていたからです」ディッキーは答えました。「サイヤング賞を獲りたいと願っていたからです」

Now he has. The Baseball Writers' Association of America on Wednesday named Dickey the 2012 National League Cy Young Award winner, lifting him over finalists Clayton Kershaw of the Dodgers and Gio Gonzalez of the Nationals.
今や彼はそれを実現しました。アメリカの野球記者協会は水曜日、ディッキーをドジャースのクレイトン・カーショーやナショナルズのジオ・ゴンザレスの最終候補よりも上位に位置づけ、2012年のナショナルリーグのサイヤング賞受賞者に選びました。

Dickey, who shares his agent and hometown with American League winner David Price, is the first knuckleballer to win the award.
ディッキーはアメリカンリーグの受賞者デイビッド・プライスと同郷で代理人も同じです。ディッキーはナックルボーラーとして初めてこの賞を受賞します。

"This is a story that's beyond me," he said. "It transcends R.A. Dickey. It's bigger than that."
「これは自分には出来すぎの物語です」彼は言いました。「それはディキーを超越しています。自分はそんなに大きな人間ではありません」

Dickey ran away with what appeared to be a tight Cy Young race, scoring 27 out of a possible 32 first-place votes and finishing with 209 points, more than twice as many as the runner-up, Kershaw.
ディッキーは接戦のサイヤング賞レースを奪い去ってしまいました。彼は最大32の1位票のうち27票を獲得し209ポイントを挙げました。これは2番手のカーショーの2倍以上です。

En route to becoming the Mets' first 20-game winner in more than two decades, Dickey led the Senior Circuit in strikeouts, innings, complete games and shutouts, and ranked second in wins and ERA.
この20年で最初の20勝投手になる過程で、ディッキーはナショナルリーグで三振、イニング、完投、完封、で1位になり、勝ち星と防御率は2位でした。

Through it all, he expanded the legend that began when he joined the Mets early in 2010 as an apparent Minor League burnout. He became a best-selling author in 2012, writing an autobiography that chronicled his slog through the Minors and his history as a victim of sexual abuse. He climbed Mount Kilimanjaro for charity. He starred in a documentary.
ディッキーは、マイナーリーグで明らかに燃え尽きてから2010年初めにメッツに入団しました。それ以来、ずっと伝説を作り続けてきました。彼はマイナーリーグでの苦闘や性的虐待の犠牲者となった経験を記した自叙伝を書いて、2012年に売れっ子作家になりました。彼は慈善のためキリマンジャロ山に登りました。ドキュメンタリー映画で主演もしました。

And he pitched, arguably better than any knuckleballer in history. Often throwing his signature pitch at speeds in excess of 80 mph, he flummoxed hitters with multiple variations of it, visibly improving at the age of 37.
そして彼は投げました。それも文句無く歴史上のどのナックルボーラーよりもうまく。たびたび彼の代名詞である球種ナックルボールを時速80マイル(時速129キロ)を超える速度で投げ、しかもいろいろ変化をつけて打者を葬り去ってきました。彼は37歳で明らかに上達したのです。

Firing consecutive one-hitters during his best stretch of the summer, in June, Dickey set a franchise record with 32 2/3 consecutive scoreless innings, later extending that to 44 2/3 innings without an earned run. Seven times he struck out at least 10 batters in a game, including a career-high 13 in his 20th victory, on Sept. 27 -- a game that appeared to lock up the Cy Young Award for him.
6月の初夏に彼は今まで経験したこともないほど絶好調になり、2試合連続で1安打ピッチングをやってのけ、32回2/3イニング無失点という球団記録を樹立し、それをさらに44回2/3イニング無自責点という記録にまで伸ばしました。彼は9月27日に20勝を挙げた試合で自己最多の13三振を奪いましたが、それを含めて7度2桁三振を奪いました。この試合で彼のサイヤング賞受賞が決定的になったように思えました。


"This is fitting recognition for a remarkable season," general manager Sandy Alderson said in a statement. "We are very proud of R.A. and what he achieved in 2012."
「この快挙は今シーズンが驚くべきものであったことをはっきりと再認識させてくれます」サンディー・アルダーソン・ゼネラル・マネージャーは声明の中で言いました。私達はディッキーと彼が2012年に達成した結果をとても誇りに思います」

Any thoughts of Dickey fading down the stretch evaporated when he went 5-2 with a 2.34 ERA over his final nine starts. After the last of those outings, Dickey revealed that he had been pitching since April with a torn abdominal muscle, an injury he had surgically repaired last month.
ディッキーの活躍はシーズンの経過とともに衰えてゆくのではないかという不安は、彼が最後の9度の先発登板で5勝2敗、防御率2.34という成績を残したとき、蒸発するかのように消え去ってしまいました。その最後の登板の後、ディッキーは4月以来、腹部の筋肉が断裂したまま投球を続けてきたことを明らかにしました。その怪我は先月外科的に治療がなされました。

As if this story needed another chapter.
この物語には新たな章が必要なようです。

In winning the game's most prestigious pitching award, Dickey became the Mets' third Cy Young Award winner and their first since Dwight Gooden in 1985. Tom Seaver won three times for the Mets, in 1969, '73 and '75.
野球で最も権威のある賞を受賞して、ディッキーはメッツで3人目の、1985年のドワイト・グッデン以来では初の、サイヤング賞受賞者になりました。トム・シーバーはメッツで、1969、1973、1975年と三度受賞しました。


"To win the Cy Young Award at his age," Gooden said in a statement, "is more incredible than when I won at age 20."
「彼の年齢でのサイヤング賞受賞は、私が20歳で受賞したことよりももっと信じられないことです」グッデンは声明の中で言いました。

posted by BEST PITCHING at 08:35 | Comment(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。